斜視治療手術の費用と名医・病院

斜視治療・手術の費用・料金と健康保険の適用について

斜視治療・手術にかかる費用はどのぐらいかかるかご存知でしょうか。

近視矯正・視力回復手術(レーシック)は健康保険がきかないので通常数十万円程度かかりますが、斜視治療・手術の場合は健康保険が適用されます。

そのため、保険適用(3割負担)で斜視治療・手術をあわせても3〜5万円程度ですむのが一般的です。

一口に斜視といっても、「内斜視」と「外斜視」、そのなかでも症状によって手術は必要な場合やメガネやコンタクトレンズで矯正して治療したほうが良い場合があります。

たとえば内斜視のなかでも「乳児内斜視」という生後6ヶ月までに起こる斜視の場合は、手術が必要なケースもありますが、年齢とともに自然治癒することもあります。

斜視治療・手術に関しては専門医としっかり相談して、必要であれば複数の病院をまわって自分にあった斜視の治療法を決定しましょう。

ちなみに、弱視治療・手術に関しても、年齢制限などいくつか条件はありますが、健康保険の対象となっています。

また、乱視でお悩みの方はレーシックを受けることで矯正できる場合もあります。(参考サイト:《レーシックで乱視矯正》レーザーによる視力回復治療で乱視を治す!

斜視治療・手術の名医・病院とは

斜視治療・手術の名医さんといえば、テリー伊藤さんの斜視手術を担当した丸尾眼科の丸尾敏夫先生が有名ですね。

なんといままで、45年間で3万人以上の斜視手術を行っているそうです。ちなみに丸尾先生によると日本の人口の2%の人は斜視だそうです。

現在は、東京の高田馬場にある「丸尾眼科」の勤務医として木曜日に担当されています。

丸尾先生は帝京大学医学部名誉教授なので、通常は大学(帝京大学 医療技術学部 視能矯正学科)のほうで勤務されているようです。

丸尾先生の経歴・肩書きは「帝京大学医学部名誉教授」「日本眼科学会名誉会員元理事長」「日本弱視斜視学会元理事長」「日本眼科手術学会名誉会員」「眼瞼・顔面けいれん研究会会長」「筑波大学附属盲学校校医」です。

斜視だけでなく、弱視・視能学・老眼などについても多数著書も出版されていて、まさに眼の専門家ですね。

ちなみに、テリー伊藤さんの斜視治療・手術に関して丸尾先生と斜視について語った模様は「デジタルの根性」というサイトにアップ(※)されています。

※ 現在は、残念ながらサイトから削除されて見れなくなっているようです。。。

これから斜視治療・手術を受けてみようと思っている方は参考までに見てみてはいかかでしょう。

スポンサードリンク

斜視治療・手術の費用と名医・病院を知っていますか?メニュー

斜視治療・手術の費用と名医・病院を知っていますか?リンク